肌断食や石鹸オフって結局どうなの?という話

こんにちは^^AimerDAIKANYAMAの奥原です。

私たちのサロンのある東京では毎日暑い日が続いておりますが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?からっとした陽気からは中々想像できないですが、関東ではそろそろ梅雨入りなんていわれていますね。

梅雨にはいるとジメジメっとした多湿により、体内も毒素が溜まりやすいなんて言われています。季節の変わり目は自分の内側にも変化が出やすい時期なので、自分の揺らぎを感じながら、寄り添いながら過ごしたいですね。

先日作った「季節ごとのスキンケア」というYouTube動画ではお肌のことや梅雨のケアもお話しています。もし良かったら是非見てみて下さい^^

 

 

さて、本日はタイトルの通り「肌断食・石鹸オフ」についてのお話。

ざっと説明をすると、クレンジングが肌負担になるので、メイクするなら石鹸で落としましょう。そして肌断食はその後、化粧水や乳液などを用いた保湿を行わいスキンケア方法です。肌断食も石鹸オフも人間に元々備わっている肌バリアをを高め美肌になるという目的で人気の方法です。

 

 

私自身、かつて肌悩みが絶えず、行き着いたのが肌断食というスキンケア方法で、約2年ほど行っていました。以外と長くやっていましたね。笑

YouTubeやブログ、インスタグラムでも肌断食をやっていた事をたまに書いているので、「結局肌断食ってどうなんですか?石鹸オフって?」とよく聞かれるのであくまで私の体験記という形で読んで頂けたら嬉しいです^^

肌断食をしていたのは25〜27歳頃。当時は自覚がなかったのですが、乾燥肌で昔から皮脂はそこまで出ないタイプです。

メイクなしで日常を過ごすのは厳しかったため、ファンデーションはミネラル系の石鹸で落とせるアイテム、パーツメイクはお湯落ちのアイテムなんかを使用して夜は石鹸オフしていました。アイシャドウとかは普通にデパコスのもの。それでも石鹸オフで全然落ちてました。

 

 

肌断食前はアルビオンという百貨店ブランドのスキンケアを長らく愛用していて、クレンジング・洗顔・導入液・乳液・化粧水・美容液・アイクリーム・クリーム…という感じで手間とお金をかけていて、断食してそこから解放された事が一番嬉しかったことを覚えています。もう頑張らなくていいんだ!と。笑

 

 

断食してしばらくは気持ち的にも楽になったのと、あれこれアイテム使っても肌がボロボロだったので、スキンケアをやめる前と”さほど肌状態が変わらず”「肌断食最高!」と思ってました。結構友達や家族にもすすめてました。笑

 

 

でもある日ふと思ったんです。

あれ。私って肌断食何の為にやり始めたんだっけ、と。肌を現状よりも良くしたいからだよね。でも肌全然変わってなくない???

…ということに肌断食を始めて2年後に気づきました。笑

 

 

気づけば笑うと頬がヒリヒリ、ピキピキ。冬に乾燥した冷たい風が肌にあたるだけでスースーしてました。肌は皮向けし、そこでようやく「乾燥がやばい」となり、焦ってコスメキッチンへ。笑

 

  

そこから保湿を自分なりにし始め2週間後の肌がこちらです。

左、肌断食やめた直後。右、肌断食やめて、保湿して2週間たった肌。

肌が潤い欲していたのが分かる程の回復力!!!笑 ほほの赤みや肌表面のごわつき感が変わっているのわかりますか?肌バリア低下による赤い吹き出物もすっきりしました。

 

 

色々な肌質の方がいます。乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌なんて分けられたりもするけれど、100人いれば100通りの肌だと思っています。そして恐らく、実際に石鹸オフや肌断食をして肌がキレイになっている人もいるからこんなに人気で有名なスキンケア方法なんだと思います。(直接そういう人に会ったことはありませんが…)

何よりも肌断食や石鹸オフで書かれている「肌に不要なことをやめて、肌本来の力を高める」という基本的な考え方は今の私も同じです。

 

 

ただ、どうしても元々の肌質や体質により肌の水分量や油分量は変わるし、年々低下していくからこそ、自分の肌の力を高める為にある程度の保湿は肌にとって必要だな、と今は思っています。

 

 

そして肌断食や石鹸オフでは「クレンジング悪説」がありますよね。クレンジングに入っている界面活性剤が肌のバリア機能(水分・皮脂・汗・常在菌などですね)を崩壊していくと言われています。

ただ石鹸自体も界面活性剤です。(しかも何百年?も前からある相当シンプルな洗剤の一つですよね)今はクレンジング剤にもオイルやリキッド、バームにジェル、ミルクにクリームとたくさんのアイテムがあるからこそ、全てひとくくりにして、クレンジングと石鹸どっちが洗浄力強い?肌バリア崩壊するほど脱脂力強い?っていう同じ天秤にはかけれないと思っています。

じゃあどうするか、実際に洗ってみて、肌の潤いとられてないかな?肌に潤いがあったら10代の頃の肌のように水が弾くはずだよな…(笑)と自分の感覚で確かめていくしかないのです。根気がいるけど、結局自分で判断する他ありません。

(肌の潤い落としすぎてる感覚が分からなければ是非Aimerのスキンケアレッスンへお越し下さい^^皆さん一番ビックリされるのがクレンジングの部分かも!)

肌断食や石鹸オフに興味があったり、現状実施している方って、肌負担をかけず労りケアしたいというお肌思いの方が多いんですよね。それに加え、何使っても荒れちゃうお肌がデリケートな方も多いんです。

だからこそ、「自分の肌の力を高めながら、肌に優しくスキンケアをしていきたいなら石鹸だけが選択肢じゃない!他にも優しい洗顔方法あります!!!」と声を大にして言いたいです。笑

 

 

肌断食や石鹸オフを検討されている方、石鹸オフをしているけど、現状のお肌に満足できていない方になにか参考になると嬉しいです^^

関連記事

  1. 自分の身体と向き合う話。

  2. 肌悩みが耐えない自分から抜け出す為の考え方

  3. ツヤとテカリの境界線

  4. FUKUBISUIでお手軽ローションパックした結果。

  5. レッスンあれこれ〜年相応のメイクって何だろう〜

  6. 自分に矢印を向けること

PAGE TOP