髪にも”潤い”が大切でした

こんにちは。Aimer DAIKANYAMAアドバイザーの奥原です!

私ごとですがこの2年で3~4回髪の毛をブリーチしました。
それまでの私は繰り返すカラーで多少傷んではいましたが、元々の毛質も手助けしてくれていてヘアケアにはさほど手をかけなくても気にならない程度。正直シャンプーを脱脂の強いものを使用しなければトリートメントは付けなくてもまとまってくれる髪の毛でした。

ただ状況は一変。2ヶ月前に行ったブリーチで追い討ちをかけ髪のダメージを実感。せっかく好きな髪色になってもパサパサ毛だと髪の毛もダメージ受けた甲斐がなくなってしまう。何より心のままに好きな事やらせてもらって髪へ負担かけている分なるべく労りたい。最近そんな気持ちがようやく芽生え、髪と触れ合っています。

と、何だか優しげな事を言っておりますが、私本当に自分への手入れが苦手な人です。そしてめんどくさがりなので、スキンケアも元々大嫌いでした。そのくせに“肌を綺麗に見せたい!“とか“メイク崩れしたくない!“と自分を飾ることには一生懸命なので、しっかりめの下地やファンデーションを使う。そして“毛穴が開いているのが嫌だ!“と毛穴にぐいぐいと塗り込む。頑張って半日耐えてくれているのに、汚れが残るのが心配だからと必要以上に強引に洗われてカラっカラ。肌からしたら溜まったもんじゃなかっただろうなと思います。笑
当時は「なんで私の肌はこんなにトラブルまみれなんだ・・・」と嘆いていたけど、そりゃそんなに自分のエゴばかり押し付けていたらお肌も疲れて色々サインを出しますよね。

自分のことは自分でしか労れません。それは肌も心も身体も。
今の私には自分の全てを労れるほどの手はかけられないけど日々の中で“気になっていること“はそのままうやむやにせず向き合ってあげたいなって最近は思ってます。
肌のトラブルが気になるなら、“ベースメイクで隠す”だけでなく、そもそもなんで自分の肌にトラブルが出てるかな?と考えてみる。
身体に不調が出ているなら、“薬で対処”だけでなく、なんで自分の身体に不調が出ているのかな?と考えてみる。
心にモヤモヤが残るなら、“ストレス発散“だけでなく、一体私は何にモヤモヤしているんだ、それってなんで?と考えてみる。
一時的な対処だけではなく、そんな一歩踏み込んだ気持ちが自分を労る、自分を大切にすることに繋がるのかな、なんて緩く思いながら過ごしてます。

気になる時が向き合い時!ということで髪の毛のダメージが絶賛気になってきたので労りながら少しでも土台の力を高めて行きたいなという想いでヘアケアと向き合ってみます。
そのためにどうしようかな?なんて思っていた矢先、スキンケアレッスンでよくお話ししている「自分の肌ってどういう状態?(どんなトラブルが出ている?)」「トラブルの根本理由ってなんだろう?」「改善のためにどうする?」、そこから自分の肌に対して「どんなアイテムを選んでどう使う?」その考え方って髪の毛にも応用できるんじゃないか?なんて思い立ち、私のヘアケア試行錯誤記録を書き綴ってみました!何かの参考になれば幸いです◎↓

————————————————————————

「自分の髪ってどういう状態?(どんなトラブルが出ている?)」
→毛が細く、乾燥しやすい。毛量普通~少なめ。ダメージでパサパサ。髪が広がりやすい。

「トラブルの根本理由ってなんだろう?」
→乾燥(元々の乾燥毛質に加え、カラー×ブリーチでキューティクルがダメージを受けより潤いが抜けやすく乾燥が進んでいる)

「改善のためにどうする?」
→保湿

やっぱり髪にも保湿が大切!ということでひとまず家にある顔・髪・身体まで全身に使えるヘアバターで試してみます。まずはこちらのお写真↓

これすっぴん毛・・・ではありません。一応保湿しています。
ちなみに保湿の時には、イメージを大切にしています。自分の髪がしっかり保湿されるとどうなるかな?“もっとしっとりまとまりそう““髪に柔らかさが出てきそう“など。このイメージが今の私の髪に対して保湿の着地点。
でもこの写真、残念ながらまだ毛先がぱさついています。私の髪の毛、もう少しまとまりそうな気がします。ってことは自分の髪にとって量が足りていない可能性があるので諦めずもう少し手応えを感じるまでつけてみましょう!!!

次にこちらのお写真↓

先程の写真よりだいぶ髪がまとまりました!!毛一本一本が潤いで満たされ、なんだか艶も出ているように感じます。髪色の見え方まで違う・・・!!ここまで変化すると保湿したかいがあります^^

比較するとこんな感じです↓

(左:一応保湿、右:効果が出るまで保湿)

(上:一応保湿、下:効果が出るまで保湿)

(左:一応保湿、右:効果が出るまで保湿)

ちなみに参考までに使用したのはダヴィネスというブランドのオーセンティックバターです。私はヘアスタイリングにオイルを使用するタイプなので、保湿もオイルだけだと少し重く感じることも・・・。日によって乾燥が特に気になる日にはこのヘアバターに少しのオイルをプラスしてケアをするのがお気に入りです!

————————————————————————

スキンケアレッスンでもよく感じることですが、自分にとって使用量が少なく効果が出ていないと感じることが多いです。何となく使っていたら十分な保湿が出来ないことがほとんど。髪の毛も一緒で、自分の髪の毛が乾燥しやすかったり、ダメージを受けて必要以上に“パサパサ”“広がり”“硬さ”“引っかかり”を感じるなら潤いが足りていない可能性もあるかもしれません。そんな時には潤っている状態をイメージしながら、実際手持ちのアイテムを使用して“どうかな?”と自分の髪の変化を見たり手触りを確かめながら使ってあげると、変わるかもしれないです!(ここでベトッと重くなってしまうのであれば、一気に量を付け過ぎている可能性もあるので少しずつ経過観察をしてあげる、もしくは髪に対して少し油分が多いアイテムの可能性も考えられますね。)そして変わるから面白くなって続けたくなるんだと思うんですよね^^

「何使っても変わらない」「今更何しても遅い」「肌質だからしょうがない」そんな諦めに近い気持ちを抱えている人もレッスンでお話を伺っていると多いです。もちろん、肌質・今までのスキンケアやベースメイクの選び方・使い方・自分の肌との向き合い方…、色んな要素が絡み合って今のお肌は出来ています。でも遅いってことはない。”今の自分の肌”をどうしたいの?この気持ちだけで十分だと思います。
自分の肌をしっかり知って、自分の肌に必要な保湿をしてあげると個人差あれど変わることを体感して頂けることが多いです。そうすると不思議と最初は自暴自棄気味だった方も「これからのスキンケアが楽しみ!」「早速今夜からやってみます!」と帰り際声をかけてくださったり、言葉に出さなくても鏡を見たり自分のお肌を触っていてそんな姿を見ていつも感無量になっています。

気になる時が向き合い時。お肌のことメイクのこと、是非お気軽にご相談下さい^^そしてヘアケアに関しても何かのヒントになると嬉しいです◎

AimerDAIKANYAMA 奥原

関連記事

  1. 自分の肌の声を聞く、ということ

  2. 自分の肌をキレイに見せるベースメイク

  3. 新しい自分に出会う準備

  4. 最近試した化粧水の話

  5. レッスン参加者限定【エメノニワ -terrace-】オープン…

  6. スキンケアやメイクしても変わらないと思っている方へ

PAGE TOP